業務案内

TOPページ > 業務案内 > フラット35 > フラット35S・省エネ新基準について(お知らせ)

お知らせ

フラット35S・省エネ新基準について(お知らせ)

1.フラット35S 省エネ新基準について
 フラット35S(省エネルギー性)における「省エネルギー対策等級」については、平成27年3月31日をもって廃止されます。

 4月以降の申請については、新基準である「断熱等性能等級」又は「一次エネルギー消費量等級」を満たす必要があります。図面記載例等を参考に、今後は新基準での申請をお願いします。

 

【図面記載例】

 

2.フラット35のおける「省エネ住宅ポイント制度」の対応について
 省エネ住宅ポイント対象住宅証明書(変更を含みます。)においては、「省エネ対象住宅判定基準」を満たす必要があり、フラット35の省エネルギー性基準と対応関係にあります。

  

 (表)省エネ住宅ポイント「省エネ対象住宅判定基準」とフラット35S「省エネルギー性基準」の関係

構造戸建形式

省エネ住宅ポイント

「省エネ対象住宅判定基準」

フラット35S

「省エネルギー性基準」

木造 全て 断熱等性能等級4 優良な住宅基準
(金利B)
省エネルギー対策等級4
一次エネルギー消費量対策等級4
一般
(全ての構造)
一戸建て 一次エネルギー消費量対策等級5 特に優良な住宅基準
(金利A)
住宅事業建築主基準
共同住宅等 一次エネルギー消費量対策等級5
省エネ住宅ポイント対象住宅基準(断熱等性能等級4+高効率設備) 優良な住宅基準
(金利B)
省エネ住宅ポイント対象住宅基準

 

詳しくはこちらをご確認ください。

◇フラット35Sについて◇
 確認検査部適合証明・構造設備課(5階) 電話:045-212-3641

◇省エネ住宅ポイントについて◇
 確認検査部保険課(6階) 電話:045-212-3956 

一般財団法人神奈川県建築安全協会