業務案内

TOPページ > 業務案内 > 建築確認・検査 > 木造一戸建て住宅耐震化支援事業

木造一戸建て住宅耐震化支援事業

木造一戸建て住宅耐震化支援事業の実施について(ご案内)

当協会では、平成23年9月1日より市町村が実施する耐震診断の総合評点0.7未満の木造一戸建て住宅を除却し、新築一戸建て住宅を建設する建築主(個人の方のみ)の方に対し既存住宅の除却工事費の一部を助成し、住宅の耐震化の促進を支援します。

 

【1】 助成金の額

1件につき10万円とします。

 

【2】 助成の要件((1)~(3)の全てを満たしているもの)
  1. 市町村が実施する耐震診断の結果が総合評点0.7未満と判定された木造一戸建て住宅を除却し一戸建て住宅に建替えること。
  2. 新築住宅の確認済証を建築安全協会又は県下の特定行政庁において取得すること。
  3. 建築主が個人であること。

 

【3】 手続き
  1. 申請者(建築主)は、新築住宅の確認済証取得後に申請書(1号様式)に(1)~(4)の書類を添付して協会へ申請します。(協会へ確認申請をする物件については(1)、(3)不要)
    (1) 木造住宅耐震診断結果の写し1部
    (2) 除却工事前の写真(既存住宅が写っているもの)1枚
    (3) 新築住宅の確認申請書(平成23年9月1日以降に申請したもの)第1~3面までの写し及び案内図・配置図各1部
    (4) 新築住宅の確認済証の写し1部

     

  2. 申請があった場合、協会は助成の要件を確認し申請者に適合確認通知書(2号様式)を交付します。
  3. 申請者は、新築する住宅の中間検査完了後に、助成金請求書(3号様式)に中間検査合格証の写しを添付(中間検査の指定のない物件は建て方工事完了の写真を添付)して協会へ提出します。
  4. 協会は、助成金の請求があった場合、助成金を速やかに申請者の銀行口座へ振り込みます。

 

フロー図

 

木造一戸建て住宅耐震化支援事業要綱

 

除却工事費助成金申請書(耐震化支援事業:第1号様式)  ※様式ダウンロードからも取得できます。

 

除却工事費助成金請求書(耐震化支援事業:第3号様式)  ※様式ダウンロードからも取得できます。

一般財団法人神奈川県建築安全協会